事務所ご挨拶

「Speed & Quality」を追求し、
顧客の知的財産戦略を
高度にサポートし続けます。

当所は1979年に山本秀策特許事務所として設立して以来、一貫して欧米やアジア、国内の企業に対し、その企業が持つ知的財産を「ビジネスを勝ち抜くための財産」として活用していただくためのサポートを行ってまいりました。得意としている分野はバイオテクノロジー、化学および生命科学分野に始まり、電子工学、コンピュータおよび機械工学分野など多岐にわたります。また、当所の特徴は何より「Speed & Quality」を実践することにより、世界中のクライアントから「日本と世界の知的財産問題に対する迅速・高品質なサービス」を提供できる特許法律事務所として評価を得続けていることだと自負しております。

2014年より事務所名を山本特許法律事務所と改め、これまで以上に幅の広いサービスをご提供できる体制を整えております。今後も、当所所属の弁護士・弁理士、外国弁護士をはじめ、IPパラリーガルや翻訳担当といった事務スタッフに至るすべてのスタッフが「すべてはお客様のために」を合言葉に日々研鑽を積んでまいります。

山本特許法律事務所

創設者/オーナーからの
2017年春のご挨拶

ご関係の皆様

風薫る新緑の鮮やかな季節となりました。弊所は大阪のシンボル、グランフロント大阪への移転から3周年を迎えました。お陰さまで、プロとしての堅実な3年でした。謹んで感謝申し上げます。

私たちの日々の使命は、常に優れた法的サービスとその結果をお客様にお届けすることです。私たちプロ集団は、世界レベルを目ざして、日々、タイムリーに費用効率良く、かつクオリティー重視の傑出した法的サービスをご提供しています。

お客様のために良い仕事をする、という私たちの基本理念に繋がる表現があります。あの有名なポリオワクチンの発明者ジョナス・ソーク博士の言葉です。「いい仕事をすれば、よりいい仕事をする機会が与えられる。」これこそが、私たちのさらに続く未来の成功への指針です。

私たちは、今、政治経済の不確定・不透明な時代を生きています。しかしながら、困難な時代は、また、お客様の要望に応えて新たな独創的解決手段に取り組む機会と方法とを生み出してくれます。その時こそが、私たちがお客様のお役に立てるときです。世界の有力な実務家集団と評価され、かつお客様の代理人としてここまで成長して来れましたのも、お客様のために学び続け、法律問題の解決を決して諦めなかったからです。

世界中のお客様をご支援し法律問題を次々に解決して行く私たちの姿勢は今後も変わることなく、知財と法務のフルサービスを行うワンストップ総合法律事務所として、お客様のお役に立つようSpeed & Quality, Passionに努めて参ります。

SHUSAKU•YAMAMOTO
弁理士  山本秀策
2017年4月