事務所ご挨拶

「Speed & Quality」を追求し、
顧客の知的財産戦略を
高度にサポートし続けます。

当所は1979年に山本秀策特許事務所として設立して以来、一貫して欧米やアジア、国内の企業に対し、その企業が持つ知的財産を「ビジネスを勝ち抜くための財産」として活用していただくためのサポートを行ってまいりました。得意としている分野はバイオテクノロジー、化学および生命科学分野に始まり、電子工学、コンピュータおよび機械工学分野など多岐にわたります。また、当所の特徴は何より「Speed & Quality」を実践することにより、世界中のクライアントから「日本と世界の知的財産問題に対する迅速・高品質なサービス」を提供できる特許法律事務所として評価を得続けていることだと自負しております。

2014年より事務所名を山本特許法律事務所と改め、これまで以上に幅の広いサービスをご提供できる体制を整えております。今後も、当所所属の弁護士・弁理士、外国弁護士をはじめ、IPパラリーガルや翻訳担当といった事務スタッフに至るすべてのスタッフが「すべてはお客様のために」を合言葉に日々研鑽を積んでまいります。

山本特許法律事務所

創設者/オーナーからの
2017年冬のご挨拶

ご関係の皆様

偉大な科学者でありノーベル賞受賞者でもあるアインシュタインが言っています。「ミスのない人は、新しいことに挑戦しない人。」これこそが、お客様のために新規で難解な法的問題を解決するのが仕事の私たちへの提言です。私たちは常に新たなアプローチや解決法に挑んでいます。そんな姿勢こそが、お客様に喜んで頂いている理由です。

当事務所は、山本健策のリーダシップの下、法律事務所として、そのための不断の努力を重ねています。その結果が、お客さまの成功に繋がっているのだろうと思います。その成功により、当事務所の評価が世界中に遍く知れわたり、ますます多忙な事務所になっているのです。

私たちは単純な戦略、Speed & Quality, Passionで先進的かつ効果的な法的サービスをご提供しています。

お客様への絶対的なサポートと、不可避な対峙すべき法的壁への広範に及ぶ解決策をお届けします。お客様は、当事務所からの最善のアドバイスのみならず、経験豊富な専門家集団の迅速・気さく・親身な対応に、ご満足頂いているものと自負しています。これも当事務所のスタッフがお客様のビジネス上の問題やプレッシャーをよく理解しているからこそです。

私たちは、法律、科学そして技術の目まぐるしい変化のなか、お客様と共に舵を取り、法的ビジネスゴールに向って取るべき進路を進んで参ります。

プロによる法的サービスの威力は、そのプロとしての能力に依存します。当山本特許法律事務所におきましては、最高の学識と科学・技術・法律に対する熱い想いの人材をスタッフとして迎えています。機会をお与えいただければ、ご期待以上にプロとしての手腕を発揮し、必ずや、お客様にお喜びいただける結果をご提供できると確信いたしております。

勿論、私たちの今日までの成功は、皆様からのご愛顧があってこそのことです。心から感謝申し上げます。

新年、2018年、も皆様にとりまして幸多く健やかな年でありますよう、祈念申し上げます。

SHUSAKU•YAMAMOTO
弁理士  山本秀策
2017年12月