よくある質問

「求める人物像」を教えてください。
志の高い人、知的な人、教養のある人、品性のある人です。
採用予定は何名でしょうか?
特に制限枠は設けていません。
当事務所が求める人材であれば、積極的に採用しています。
年齢や性別、国籍などによる採用制限はありますか?
全く制限はありません。
当事務所では、さまざまな国籍(15カ国以上)を持つ、幅広い年齢層の所員が働いています。
女性所員も大勢活躍しています。
女性の雇用について教えてください。
当所が求める人材であれば、採用に性別は無関係です。
雇用条件にも男女の差は一切ありません。結婚・出産後も当事務所で活躍している女性所員もいます。
英語の能力はどの程度必要ですか?
「商標担当」「翻訳担当」については、TOEIC850以上、もしくは英検1級相当以上が必要条件です。「特許担当」については、ご自身の専門分野に関する英語の専門文献が読め、その要旨を短時間で把握できる程度の力は必要です。「法務担当秘書(IPパラリーガル)」については、特に英語力は重視しません。英語に抵抗さえなければ、仕事を通じて指導します。学ぶ姿勢が大切です。
「バイオ」や「IT」に詳しくないのですが、大丈夫でしょうか?
商標、法務担当、秘書(IPパラリーガル)、翻訳の分野では、可能でしょう。
ただしパソコンを使えることが最低限の条件であることは言うまでもありません。
事務所を直接訪問して詳しい話を伺えますか?
可能です。ご希望の方は、事務所までご連絡下さい。
また、実際に業務を体験することを希望する方のためにインターンシップ制度も実施しています。
応募にあたって何か資格を取っていたほうが有利ですか?
特定の資格が採用の可否決定に影響することはありません。
書類選考から内定までのスケジュールを教えてください。
書類選考後、合格の方には採用試験と面接を受けていただき、その日のうちに合否の連絡を差し上げます。
働きながら弁理士の資格をとりたいのですが、支援してもらえますか?
支援しています。弁理士試験の準備のための4ヶ月の長期有給休暇制度があります。
勤務地について教えてください。
大阪・東京・福岡のいずれかになります。ご本人の希望を最優先させます。
教育研修制度はありますか。
特許法に関する知識を深め、人間性を高めることを目的に、所員全員を対象とした研修会を年2回(春・秋)開催しています。研修を兼ねた所員旅行も実施しています。また、最新の特許法の動向等、知識共有を図るために、定期的にチーム内、所員全体でミーティングを行なっています。
将来独立することは可能でしょうか?
もちろん可能です。ご自身の人生です。全ては自己責任のもとに決められるべきことです。
新人教育はどのように行なわれますか?
入所当日から先輩所員が側について、実際の業務を一緒に進めながら仕事を覚えていただきます。特許に関する基礎的な知識や、事務所で働く上での基礎的事項に関しては、OJTでの指導に加え、新人を対象としたカリキュラムによる年2回(春・秋)の研修会も実施しています。
一般に、特許事務所は勤務時間が長いと聞きますが。
基本就業時間は9:00~18:00です。仕事の性質上、またクライアントの要望に十分に応えるため、基本就業時間で業務が終了しないこともありますが、チームで仕事をしていますので、残業するかどうか、どの程度残業するかなどは、リーダー、チームメンバーと相談の上、個人のライフスタイルに合わせて調整しています。新人が、基本就業時間を越えて長く働くということはありません。
福利厚生について教えてください。
事務所で契約しているリゾート宿泊施設を利用できます。所員旅行や、クリスマスパーティー、新人所員歓迎会など、所員間の交流を深めるイベントを、随時開催しています。また、所員の健康管理のため、年2回の健康診断(法定1回・任意1回)を実施しています。
どのような職種があるのでしょうか?
特許担当、商標担当、法務担当、秘書(IPパラリーガル)、翻訳担当、総務、人事、経理があります。詳細に関しては、「職種紹介ページ」をご覧ください。
転職を考えているのですが、
「知的財産」について未経験でも応募は可能でしょうか?
可能です。当事務所では、さまざまな分野の出身者が活躍しています。
転職社員の教育制度について教えてください。
新卒採用者と分け隔てなく、同様の研修を実施しています。