職種紹介

知的財産ビジネスを行う、
プロフェッショナルたち。

山本特許法律事務所は、知的財産を扱うプロフェッショナル集団。
総勢160名を擁し、特許担当、商標担当、IPパラリーガル、翻訳担当とあらゆる職種のプロたちが力を合わせ、知的財産ビジネスを行っています。手がけている80%が海外の案件で、クライアントは世界的大企業、大学、研究所などが中心。
世界中で高い信頼を獲得しています。

  • 特許担当
  • 商標担当
  • IPパラリーガル
  • 翻訳担当
特許担当

仕事内容

特許の出願、取得、侵害訴訟・ライセンシングまで、知的財産の全領域にわたって戦略の立案と実行を担います。戦略実行にともなう特許庁や裁判所への提出書類作成、裁判などでの弁論も特許担当の重要な任務です。あらゆる法的制約を厳守しつつ、クライアントを勝たせるという使命を果たします。法律の知識はもちろん、最先端の科学やテクノロジーに関する知見、論理的思考力、そして発明の本質を見抜く力など、高度な能力が求められます。

求める人物像

バイオ・バイオインフォ・医学・薬学・化学・電子・情報・通信・物理・その他理系大学院修了(見込み)の方。サイエンスの基礎知識を備え、英語力、論理的思考力に優れた方を歓迎します。設定した目標を達成する強い意志が必要です。

商標担当

仕事内容

特許庁への提出書類(意見書・審判請求書など)や、裁判所への提出書類(準備書面など)を作成し、コンピューターやマニュアルによって既登録商標サーチを行いながらロゴや商品名、企業名などの権利を取得します。日本と海外の法制度の違いも考慮しながら、業務を進めることが必要。世の中にまだない最先端のサービスの名称に触れたり、自分の考えたことが従来の判断を覆して特許庁に採用されるよろこびを感じられます。

求める人物像

法科大学院・法律系大学院修了または大学卒業(見込み)の方。基本要件として、日本語が正しく読めることと、論理的でわかりやすい日本語が書けることが求められます。海外のクライアントが多いため、TOEIC850以上、英検1級程度の英語力も必須条件です。

IPパラリーガル

仕事内容

特許・商標業務全般について、その入口と出口の管理をするのがIPパラリーガル。具体的には、海外クライアントとの英文レターでのやりとり、 特許庁・裁判所への提出書類の最終準備、法律上の期限の管理、 知的財産に関する手続書類の作成などを行います。知識豊富な先輩や特許担当者、外国人スタッフたちとのチームワークの中で仕事は進められ、国際的な業務を担っていることも実感することができます。

求める人物像

大学卒業また大学院修了(見込み)の方。責任感が強く、行動が機敏でよく気がつくこと、周囲とのコミュニケーションがしっかり取れる方であることを重視します。英語力や特許法・商標法などの知識があれば、さらに幅広い活躍が可能です。

翻訳担当

仕事内容

主な翻訳の対象は、特許・商標に関連するテクノロジー分野の文書類(契約書、特許庁・裁判所への提出文書など)です。翻訳の用語は基本的に英語。高い専門性の技術用語・法律用語を用いた、高品質の翻訳が求められます。法定期限を守らなければならないので、常にスピードも要求されます。ひとつひとつの訳語の選択がクライアントの権利範囲に影響を及ぼすため、抜けがなく、言葉の掛かりが正しい翻訳を行うことが必要です。

求める人物像

大学卒業また大学院修了(見込み)の方。まず求められるのは、正しく日本語を読むことができる能力。そして、それを正確に英語で書くことができる能力です。チームで仕事をしていくので、コミュニケーションを取りながらチームワークで仕事を進めることも問われます。

「 Speed & Quality 」
国際的な知的財産ビジネスの最前線で、
勝利し続けるために。

国際社会という大きな舞台で戦うクライアントのビジネスを成功させることが、私たちの使命です。私たちはクライアントの課題に応じた知的財産に関する最高レベルのサービスを、期待以上の速さで提供することを追求しています。クライアント・ファースト。すべては、お客様の"勝利"のために。私たちは、世界の知財ビジネスの最前線で戦える「スピード」と「クオリティ」を、提供し続けます。